So-net無料ブログ作成
検索選択

「熊川哲也 英国バレエの遺産を巡る ピーターラビット&新作バレエの舞台裏」 [バレエ]

Hi there!

伝統ある世界3大バレエの英国ロイヤルバレエ団にアジア人で初めて入団し、
最年少でソリスト(ソロパートを踊るダンサー)、
21歳という若さでプリンシパル(バレエ団のトップの階級にいるダンサー)になった
熊川哲也氏が代表をつとめる「K-balletカンパニー」。

そのドキュメンタリーが放映されるそうです。

3月5日(日)14:30  BS-TBS
特別番組「熊川哲也 英国バレエの遺産を巡る ピーターラビット[トレードマーク]&新作バレエの舞台裏」


熊川先生は15歳から11年間、単身ロンドンでバレエ留学をなさっていたそうです。

余談ですが、私は「若い頃に単身で海外へ行き、かつ長いこと住んじゃう」っていう
男性が大ー好きで尊敬もしている。憧れでもある。
おそらく私が男性だったら、10代でやっていたことを実現していたからだと思う。

もちろん単身で海外へいっちゃう女性はもーっと好き[黒ハート]

閑話休題

住んでいたというアクトン地区。ゾーン2?3?微妙な位置だなー。行ったことないな。


DSC03491.JPG

留学スタート当初はお金がなく、でも食べ盛りの先生の命綱だったフィッシュアンドチップス。
ロンドンのローカルフードですね!私も食べました。出来たては美味しいです!
ちなみにフィッシュはコッド(たら)が多いです。私もコッドを食べました。

ロンドンナビ フィッシュアンドチップス まとめ
http://london.navi.com/food/a/g3/

(やばい、見てたら食べたくなってきた!)

長年、ロンドンで暮らした熊川先生。
番組の中でロンドンの街歩きをしてくれると嬉しいですね。

放映が楽しみです!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。