So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

シェーン英会話のスクールカウンセラーでした。 [シェーン英会話]

スクリーンショット 2017-02-27 23.03.39.png

(公式サイトより画像をお借りしました。)

英会話学校の「シェーン英会話」

7ヶ月という短期間でしたが私、都内で働いておりました。
スクールカウンセラーというお仕事内容です。
コンシェルジュに近いかな。

1.スクール全体の清掃や、お客様にお渡しするカタログなどの整理整頓。 スクールに来られるすべての方が安全で気持ちよく過ごせるよう準備をします。

2.当日のレッスンスケジュールを確認し、担当外国講師と情報を共有。 生徒さん、お問い合わせ電話、ご来校される方に対して心を込めた接客をします。

3.生徒さんの出欠確認や、各種台帳への記入・管理など簡単な事務作業も行います。


とまあ、生徒さんと先生がスムーズにレッスンできるように取り計らうお仕事でした。

とにかく覚えることがたくさんあって、研修も山ほどこなし、
いろいろな場所のスクールも兼任しました。
日々目の回るような忙しさで、大変だったけど、
外国人講師と実地で英語のスキルがアップできたことはとてもラッキーだったと思います。
(女性講師と仲良くなっていまでもたまにメールのやりとりをしています)

外国人講師はほぼ英国領の国の方々。
イギリス・スコットランド・インド・香港・カナダ
(数名アメリカ人の先生もいました。)
全員ほぼ日本語は話せません。(単語はわかるみたいですが。話せない振りをしてるとも?)

男性講師はみんな英国紳士です、マジで。
穏やかで真面目で優しくてモデルのようにイケメンで、ファンも多いです。
インド系もアジア系もみなジェントルマンです。

女性講師も若くて可愛らしい20代のレディや、ロンドン出身の黒人女性、
スコットランドのバリキャリ女性、小柄でかわいいインド人女性と様々です。

休憩時間やレッスンのない時間には、出身地のことを教えてくれたり、
日本の漫画の話や、旅行・ごはん・ファッションなどいろいろな雑談をしました。
もちろんイギリス英語で!!!(←ここ大事!w)

リーズ出身講師はテレビゲームが大好きで、とくに「MGS(メタルギアソリッド)」が大好き。
私は「RESIDENT EVIL(バイオハザード)」や「Tomb Raider」が好きだったので、話が盛り上がりました。

一度、リバプール出身講師とスペイン系アメリカ人講師と3人で話していた時、
「てんとうむし」の話題になりました。

「てんとうむし」を英語でなんと言うか?

イギリス人講師は「LadyBird」と言い
アメリカ人講師は「LadyBug」と言っていました。

これぞイギリス英語とアメリカ英語の違いを見た瞬間でした!

アメリカ人講師は「LadyBird」という表現にしきりと首を傾げていました。
私はすでに本で「LadyBird」を知っていたのでそう答えましたが、
中学校の英語の教科書には「LadyBug」と書かれていたような記憶が・・・

それから、教室内の環境が英語で書かれているので、
細かいところでイギリス英語に接することができます。

ゴミ箱(BIN)の蓋に貼ってある「Burnable」「Unburnable」。
出口方面を指す「Wayout」などなど。

講師へのメッセージも手書きで英文で手渡しで。
表現がわからなくてあわてて辞書で調べたりして。。。

母の癌末期により退職をしましたが、とても良い経験でした。

スクールカウンセラーとして働くもよし、生徒として参加するもよし、
一度シェーンに足を運ばれることをお勧めします。
無料体験を試されるのもよいかもしれません。

無料体験を受けたからといって無理な営業を押し付けられることはまったくありません。
(そのように研修で指導受けました)

3月15日まで無料体験レッスン+入学金0円+受講料3000円OFFと
太っ腹な春の入学キャンペーン実施中です。

春から英会話を始めてはいかがでしょうか?
スクールカウンセラーは随時募集中です。

シェーン英会話公式サイト
http://www.shane.co.jp/campaign/

次回はレッスン内容などについてお話しすることにしますかね。

see ya!








nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

【祝!提携】ニールズヤードレメディ [ニールズヤードレメディ]



ニールズヤードレメディ
アロマやハーブ、フラワーエッセンスなどの植物を基にオーガニックとエコロジーにこだわったナチュラルスキンケア製品を送り出しているブランド。 1981年にイギリスのロンドンで始まり、「オーガニック」という言葉が知られていない時代に、「厳選した植物素材にこだわったアロマやハーブで、こころも体も美しく、健康に」と提案し、ロンドンのコヴェントガーデンの一画にて“アポセカリー(薬局)”としてスタート。スキンケアだけでなく、アロマやハーブ、インナーケアで、忙しくストレスを抱えがちな現代人の毎日をトータルサポートしています。


私はアロマセラピーが好きです。
好きというより「助けられた」という感じでしょうか。

30代、仕事がとにかく忙しく、毎日3〜4時間睡眠、終電、会社に泊まる、休日出勤のようなめちゃくちゃな生活をしていたら、気づかぬうちに不眠症になりました。(自律神経も参っていた?)

「これはだめだ」と心療内科に行く直前、当時の職場の友達Oちゃんに相談したところ、アロマセラピストでもある彼女がラベンダーのアロマオイルの小瓶をくれました。

「ティッシュやコットンに数滴たらして、寝る時に枕元に置いてみて」

当時の私は、アロマの存在は知っていましたが実際に使うことまではしない程度。(元草月流華道部)
でもすがる思いというか、何か生活を変えたかったのかもしれなかった私は、素直に彼女のアドバイスを受け入れました。

「まあ、何か変わればいいな・・・」と正直、あまり期待していませんでした。

ところが翌日!普段の寝起きより少し体が軽い!
睡眠時間は通常の30分多いくらい。

なんだ?これは?

いつもだったら、手足と頭とまぶたが重くて起きるのが億劫だったけど、今朝は目がすぅっと覚めた!
体の重さは、まあ、劇的に軽くはならないけど、なんだろう、気分が違う!

これって「熟睡」したってことかな?

授業中とかにモーレツに眠くて眠くて死んじゃうっていう時に、ほんの5分程度寝落ちして、起きた時のすっきりとした世界のバラ色感!あれにちょっと似てる。

Oちゃん曰く「ラベンダーには鎮静作用があって、交感神経と副交感神経のバランスが崩れて、神経がずっと昂ぶっているのを整える効果がある」のだそう。

寝つきの悪い私が、いつのまにか寝てしまっていたのよね。びっくり。
よく眠れたんだなあ!

翌日、さっそくアロマ一式を買いに行きました。(Oちゃんアドバイス有り)

その後、徐々に睡眠不足を取り戻し、食欲も戻り(不眠症で3キロ痩せた)
すっかりアロマのある生活が普通になりました。

いろいろなブランドのいろいろなアロマオイルを試し、その数30本以上になったこともあります。

そうなると私という人間は「もっと統計的に整理して効率よくアロマを使ってみたい、学びたい」と
思うようになるのです。

日本アロマ環境協会
http://www.aromakankyo.or.jp/

これの2級を受験し、無事合格。

22560.jpg

以来、お風呂での足湯やオイルマッサージなどに取り入れています。
もちろんデュフューザーで香りを楽しむこともしています。

かつて東日本大震災のときに、同僚の子が度重なる余震と心労でめまいを起こしてしまったとき、
「乗り物酔いなどにはミント系の香りが、気分の悪さを軽減する」ということを思い出し、コンビニでガムを買ってあげ、数分噛んでもらったところ、かなり楽になったといったこともあります。(もちろん医者に行くように勧めました)

香りって、我々の想像よりずっと影響力があるんですよね。

そうそう、戦争中、戦地でアロマが使われていたのをご存知ですか?
第二次世界大戦中にフランス人軍医、ジャン・バルネ博士が精油を戦傷の治療のために広く用いました。

詳しくはこちらのサイト「Tea-treeの森」さんの記事を御覧ください。
http://www.t-tree.net/aromatherapy/a_140708_jean_valnet.html

医学的な治癒力もさることながら、私が想像したのは
「血と硝煙と腐敗臭漂う地獄のような野戦病院で、怪我や病気で苦しむ戦士たちが、優しい植物や花の香りを嗅いだらどれだけ心が休まるだろうか」と...

花や植物は優しいです。見返りも求めず献身的です。そして静かに散り枯れてゆきます。

その限りない優しさに私は日々包まれています。

そんな彼ら(彼女ら?)の優しさを凝縮したアロマエッセンシャルオイルを世界に送り出している、
ニールズヤードレメディ。

DSC03629.JPG
コヴェントガーデン本店。ちょっとしか寄れなかったので次回はじっくり訪れたい。



ニールズヤードレメディのファンである私。
このたび掲載提携の申請をしたところ許可が下りました〜!!バンザーイ![手(パー)][手(パー)]
これから責任を持ってどんどん、レビューやお知らせをブログでお伝えしてゆきたいと思います[手(グー)]

とりあえずデュフューザーが欲しいな〜。。。

【超音波式芳香器】JasmineアロマディフューザーWH



see ya!




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

「熊川哲也 英国バレエの遺産を巡る ピーターラビット&新作バレエの舞台裏」 [バレエ]

Hi there!

伝統ある世界3大バレエの英国ロイヤルバレエ団にアジア人で初めて入団し、
最年少でソリスト(ソロパートを踊るダンサー)、
21歳という若さでプリンシパル(バレエ団のトップの階級にいるダンサー)になった
熊川哲也氏が代表をつとめる「K-balletカンパニー」。

そのドキュメンタリーが放映されるそうです。

3月5日(日)14:30  BS-TBS
特別番組「熊川哲也 英国バレエの遺産を巡る ピーターラビット[トレードマーク]&新作バレエの舞台裏」


熊川先生は15歳から11年間、単身ロンドンでバレエ留学をなさっていたそうです。

余談ですが、私は「若い頃に単身で海外へ行き、かつ長いこと住んじゃう」っていう
男性が大ー好きで尊敬もしている。憧れでもある。
おそらく私が男性だったら、10代でやっていたことを実現していたからだと思う。

もちろん単身で海外へいっちゃう女性はもーっと好き[黒ハート]

閑話休題

住んでいたというアクトン地区。ゾーン2?3?微妙な位置だなー。行ったことないな。


DSC03491.JPG

留学スタート当初はお金がなく、でも食べ盛りの先生の命綱だったフィッシュアンドチップス。
ロンドンのローカルフードですね!私も食べました。出来たては美味しいです!
ちなみにフィッシュはコッド(たら)が多いです。私もコッドを食べました。

ロンドンナビ フィッシュアンドチップス まとめ
http://london.navi.com/food/a/g3/

(やばい、見てたら食べたくなってきた!)

長年、ロンドンで暮らした熊川先生。
番組の中でロンドンの街歩きをしてくれると嬉しいですね。

放映が楽しみです!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ウィスキー検定 [ウィスキー]

ある日、私の大学時代の友人・Y子が告白しました。

「私、ウィスキー検定受けるんだ」

・・・は? ウィスキー検定?

彼女は酒豪ではなく、学生時代もたしなむ程度の酒量。
そんな彼女が最近ウィスキーにハマっているという。

寝る前にお湯割りにして気分良く床に付き、
翌朝も二日酔いにならずに起床するそうな。

そこでいろいろウィスキーを試しているうちに
この検定のことを知ったのだそう。

私「何か資格とかもらえるの?ソムリエやバリスタ的なもの」

Y「認定書がもらえるよ。ウィスキーをもっと楽しむための知識だね。」

なるほど。嫌いじゃない、こういう心意気。

実は私も30代前半でウィスキーに少々はまった時期がある。
といっても飲むよりもミニボトルを集める方。
(ボウモアのミニボトルがお気に入りでした。)

もちろん飲みもしました。ジャックダニエルやフォアローゼスの
シングルのロックとか角ハイボールとか自宅で作ってました。
(最近はお酒自体を飲まなくなってしまったけど・・・)

まあ、私のウィスキー談は後日改めてするとして、
彼女のウィスキーへの情熱が素晴らしく、
ちょっと心を動かされた、私です。
(私自身が飲むというより、美味しいウィスキーの入れかたを学んで、
美味しいおつまみを作ってサーブしたい気持ちですね。)

そんな彼女は先日ウィスキー検定の3級を受験し、無事合格したそうです。
ますますウィスキーへの造詣を深めようという姿勢。

Y「あなたイギリス留学してたよね?スコットランドに連れてって!」

私「あなたはアメリカ留学してたじゃない。バーボンだってウィスキーだよ。」

Y「スコットランドが良いな!行こう!」

・・・これがスコットランドに行くかもしれない理由です、はい。

ハイランドとか行ってみたいし、スコッチウィスキーってあまり知らないし、いいかも。
その前に「マッサン」観ないとなー。

ウィスキー入れる時ってこのメロディくちづさんじゃうよね。


ウィスキー検定はこちら 過去問あるよ〜! Let's try!
http://whiskykentei.com/

see ya!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サントリーウイスキー オールド 43度 700ml あす楽
価格:1620円(税込、送料別) (2017/2/26時点)




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

【ブリカン】地域別・イギリス英語コース開講! [ブリティッシュ・カウンシル]

Hi there!

不調だったSo-netブログが復活しました。
(So-netブログサポートの池田様、ご丁寧なお返事をありがとうございます!)

さて。

ブリティッシュカウンシル東京校で3月から開講されます講座
地域別・イギリス英語コース



実はアタクシ、興味あります。
特にスコットランド!!

エジンバラには中世のステンドグラス教会がたくさん残っていて、
それを拝みに行くのも楽しい。(ていうかライフワーク)

テキスタイルとしてタータンチェックって好きだし。
本場の巻きスカートをbespokeしたいものです。
私の家系の柄も作ってみたいし。

スクリーンショット 2017-02-22 23.05.58.png
©ユミコミックス(私はテリィ派)

なにより言葉!!

留学中、クラスメイトが週末にスコットランドにプチ旅行に行き
「言葉が全然わからんかったわー!」と目を丸くして肩をすくめて戻ってきました。

えーーーー?!どれほど違うの?

「どんな風に?」と尋ねたところ
「とにかくなんだかよく聞き取れなかったよ、たはは...」

うわーん、気になるじゃん!!

そしてもうひとつ、スコットランドに行くかもしれない理由があります。

それはまた次回!!!

3月 短期集中 地域別・イギリス英語 登録申込フォームはこちら〜!
https://pro.form-mailer.jp/fms/31e85ab9114838

なんか懐かしいMTVを見つけてしまった。



see ya!



タグ:UK方言
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

アデルおめでとう! [Music]

アデルがグラミー受賞!

20代なのにあの貫禄!

そして素晴らしい歌声。

やっぱり私がこの曲が一番好き。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

BEOがロンドン芸大の公式日本窓口に! [beo]

Hi, there!

留学前と留学の手続きで大変お世話になった「BEO」様!
久しぶりに(すいません)サイトを見たところ・・・

世界トップレベルの芸大、
ロンドン芸術大学の公式パートナーとして、
留学エージェントbeoが日本出願窓口業務開始


おおお!おめでとうございます!!Congratulations!!!!!
こんなサイトまでできちゃって!我が事のように嬉しいです!!!
http://www.artslondon.jp/

このサイトを眺めていると、いろいろ思い出すなあ。。。

私の所属は一応「Central Saint Martins」
「セントラル・セイント・マーチンズ」略して「セントマ」。
その離れ校舎の「BackHill」という校舎で日々アートに没頭してました。
でもねえ、そのBackHill校舎が解体されて今はもう無いのです。Too Sad......

地下鉄セントラルラインのチャンセリーレーン駅に近かったBackHill。
ストリートビューでみると工事の幕が張られている。


DSC03018.JPG
廊下と階段を仕切るドア。カッコイイ。

DSC03626.JPG
BackHillのアトリエ教室の窓からの眺め。

DSC03627.JPG
仲間たち。

日々ここに通っていて、セントマ校舎に行くチャンスがなかったんだよな〜。
セントマ校はハリーポッターでおなじみ「キングスクロス」にあります。



今度はセントマにも行ってみたいな。
学生証があったら卒業生でも入れるよね?
って、学生証をどこにしまい込んだっけ????

anyway!!
ロンドン芸大はとても面白い大学です。
それこそ世界中から生徒が集まってきます。
(私のクラスに北南米とアフリカはいなかったけど。)

変わった感覚のやつもWECOME!
どんな格好をしてどんなパフォーマンスをしても自由。
アートに正誤はありません。好きか嫌いかだけです。

常識にも国籍にも人種にも宗教にもとらわれない
オールオーバーザワールドな人間をどんどん世界に送り出してください。
(治安には気をつけてね!)

応援します!BEO様!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

MASON PEARSON(メイソンピアソン)のヘアブラシ [Hair Care]

メイソンピアソン エクストララージブリッスル

英国伝統の高級ヘアブラシ【メイソンピアソン】をご存知でしょうか?

「ヘアブラシ界のロールスロイス」と言われ、全行程ロンドン職人の手によるハンドメイドブラシ。
その品質は世界のセレブリティに愛される最高品質だそうです。
創業150年、ロンドンはボンドストリートに店舗を構えております。



私は正直このブラシのことは知らなかったのですが、
ボンドストリートを友人と散策中にふと彼女が、
「このあたりにメイソンピアソンがあるはずなんだけど。
おばあちゃんが使っててすごく良いブラシなんだよ」と教えてくれました。

私が現在使っているブラシは、10年前くらいに渋谷の東急ハンズで買った
木製のクッションブラシなのですが、ゴムの部分が劣化してきたので、
そろそろ買い換えようとあれこれネットを探していたところ、思い出しました、この逸品を。

いろいろ調べてみると国内正規代理店があり、かつ円高差益でお安くなっている。

しかーーーーーーーーーーーーーーーーーし!
お安くなっているとはいえ、ラインナップ一番人気の猪毛100%
「エクストララージブリッスル」

そのお値段なんと¥26,460(税込)!!!!!!

きゃーーー!大英帝国万歳ーーーーー!(滝涙)

こっ、これは手が出せない!
自分ご褒美にするにはちとハードルが高いわ!!

ち、ちょっと分際を考えてスタンダードな
「ポケットブリッスル」を・・・

メイソンピアソン ポケットブリッスル

それでも¥12,960(税込)・・・・・・

悩む、悩む、悩む・・・

猪毛ブラシは非常に育毛効果が高く、静電気も起こらず、
適度なクッションは頭皮のマッサージ効果があり、
皮脂が髪にまんべんなく行き渡ることで、ツヤのある美しい髪にしてくれ、
ヘアケアのプロも愛用しているとのこと。

ブラシの汚れを落とすクリーニングブラシもついているという
「長く大切に使う」ことを目的とした良品であることは間違いないです。

購入者のレビューでネガティブな意見といえば「高額」くらい。
使用感はそれぞれですが満足している空気が伝わってきます。

うむむむ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(頭を抱えている)

買うかどうかはしばらく考えさせてください!!

MASON PEARSON 公式サイト


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

バレエ始めてました。(英国ロイヤルバレエ) [バレエ]

0289-01103_ll.jpg

去年の秋から、クラシックバレエを再び習い始めてました。

バレエは子供の頃と30代でちょこっとかじった程度。

子供の頃の夢はバレリーナでした。

先日来整体の先生に

「あなたはすでに筋肉はある方だから、
今後は柔軟性を高めた方が老後将来のために良い」とアドバイスをいただき、

「おお!それならばバレエをば!」と。

仕事との兼ね合いで、

「夜7時以降で初心者からしっかり教えてくれる、怪しくないバレエ教室」

をひたすらネットで探しました。
おそらく50軒近く。

それらの中でたったひとつ条件に合う教室がありました。
実は仕事場から教室までは遠いし、自宅への道と反対方向なので悩みましたが、
料金システムとたくさんのレッスン項目、そして講師陣の信頼度が高く感じました。

バレエのバの「”」もわからないようなド素人が困らないように、
ビギナー専門のレッスンがあるところが私に刺さりました。(ほぼ素人に近い私なので)

それがこの教室。

20108.jpg

バレエゲート

代表はこの方。

21334.jpg

そしてレッスンをしてくださる麗しの先生(女性)は
なんとロンドンにバレエ留学をなさっており、
なんとなんと、そのバレエ学校と私のホームステイ先がご近所!
世間はほんとうにほんとうに狭いのですよ!
(まあ、代表おん自ら英国ロイヤルバレエ団のプリンシパルですしね。)

先生が通われていた Royal Academy Dance.
https://www.rad.org.uk/

ロンドンにつながる東京の教室に導かれたのも、
やはりロンドンとの縁の太さにしみじみとしているアタクシなのです。

今後はバレエに関しても記事を書いてゆきたいと思います。

次回ロンドンに行くときは、コヴェントガーデンにあるロイヤルオペラハウスで
英国バレエ団の公演を見ると決めているのだ。

CLziby4UYAAlfZz.jpg-large.jpeg

ロイヤル オペラハウス。

前までは行ったんだよ、前までは。
でもドレスコードがあって、ジーパンなんかお呼びじゃない。
しっかりドレスアップして訪れる場所であります。

次回こそ!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

オフィーリア@テートブリテン [Tate Britain]

Hi ya! ヒロコです。

ボチボチ、こちらのブログも再開します。

で、先ほどツイッターでもつぶやいたのですが、



ジョン・エヴァレット・ミレー作の「オフィーリア」

John Everett Millais - Ophelia - Google Art Project.jpg
By ジョン・エヴァレット・ミレー - -wGU6cT4JixtPA at Google Cultural Institute, zoom level maximum Tate Images (http://www.tate-images.com/results.asp?image=N01506&wwwflag=3&imagepos=2), パブリック・ドメイン, Link



ロンドンSW(SouthWest)にある美術館テートブリテンに展示されています。

本当にポスターみたいにさりげなく壁に展示されているので、一度通り過ぎてしまって、
「・・・ん?・・・みたことある・・・」とそのまま後ろ足で数歩下がって見直したほど。

日本だったら絵の前に柵があって、警備員さんがいて、長蛇の列で、歩きながら横目で観て終わり。
てなところでしょうが、ここは穴場でガラガラなので、数分オフィーリアを独り占めでした。
それも鼻息がかかるくらいの距離で。

どうして作者はこんな哀しく美しいモチーフを選んだのでしょう。
絵描きの立場から、もしこの情景を目にしたら「絵として残しておきたい!」という気持ちはわからなくもありませんが、女性としてこの絵をみるとなんだか切なさに胸が詰まります。

儚くて哀しくて残酷な、美しき「オフィーリア」。

ぜひ一度ご鑑賞ください。

テートブリテン公式サイト
http://www.tate.org.uk/visit/tate-britain


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。