So-net無料ブログ作成
検索選択

BEOがロンドン芸大の公式日本窓口に! [beo]

Hi, there!

留学前と留学の手続きで大変お世話になった「BEO」様!
久しぶりに(すいません)サイトを見たところ・・・

世界トップレベルの芸大、
ロンドン芸術大学の公式パートナーとして、
留学エージェントbeoが日本出願窓口業務開始


おおお!おめでとうございます!!Congratulations!!!!!
こんなサイトまでできちゃって!我が事のように嬉しいです!!!
http://www.artslondon.jp/

このサイトを眺めていると、いろいろ思い出すなあ。。。

私の所属は一応「Central Saint Martins」
「セントラル・セイント・マーチンズ」略して「セントマ」。
その離れ校舎の「BackHill」という校舎で日々アートに没頭してました。
でもねえ、そのBackHill校舎が解体されて今はもう無いのです。Too Sad......

地下鉄セントラルラインのチャンセリーレーン駅に近かったBackHill。
ストリートビューでみると工事の幕が張られている。


DSC03018.JPG
廊下と階段を仕切るドア。カッコイイ。

DSC03626.JPG
BackHillのアトリエ教室の窓からの眺め。

DSC03627.JPG
仲間たち。

日々ここに通っていて、セントマ校舎に行くチャンスがなかったんだよな〜。
セントマ校はハリーポッターでおなじみ「キングスクロス」にあります。



今度はセントマにも行ってみたいな。
学生証があったら卒業生でも入れるよね?
って、学生証をどこにしまい込んだっけ????

anyway!!
ロンドン芸大はとても面白い大学です。
それこそ世界中から生徒が集まってきます。
(私のクラスに北南米とアフリカはいなかったけど。)

変わった感覚のやつもWECOME!
どんな格好をしてどんなパフォーマンスをしても自由。
アートに正誤はありません。好きか嫌いかだけです。

常識にも国籍にも人種にも宗教にもとらわれない
オールオーバーザワールドな人間をどんどん世界に送り出してください。
(治安には気をつけてね!)

応援します!BEO様!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

返事が来ない [beo]

3月15日 

BEOから返事が来ない。

これはBEOさんに問題があるのではなく、大学側からの返事がないのだろうけど、
一応BEOさんへ探りのメールを入れてみる。

返事がきた。

確認中ですので大変恐れ入りますが、お待ちくださいませ。

・・・・・・・・・うむ、待つしかないか。信頼して待つことにしよう。(我ながら我慢強いな。)

振込完了 [beo]

3月2日 午後7時前 BEO Bさんよりメール。

こちら現地への転送処理を開始しましたので、学校より 改めて確認の連絡が来るまでどうぞお待ちくださいませ。 (1週間ほどかかります)。

よかったよかった!

今日が3月2日だから・・・第2週目くらいには大学側から返事が来るかな?

しかし、早く入学許可証が出ないと航空券の手配ができないんだけどなぁ。



振込み [beo]

留学費用がやっと確定したので、今日3月2日(金)に入金。
時間がないぞ!

今回の留学では直接大学側へ料金を振り込んでも良いのだか、
なにせ何もかも初体験の私、エージエントを通して入金することを選んだ。
(エージェントに助けてもらおうとw)

エージェントへの入金方法は銀行振り込みなのだが、
£2530分を日本円で入金する。

BEOさんはみずほ銀行の為替レート(TTS電信売り)を利用していて、
本日のレートが1ポンド≒135円となっている。

1ポンド≒135円として£2,530=317,250円

この日本円金額をBEO宛に日本円で入金する。

振込み支払いの条件として
「振込み当日に、beoに電話にて日本円で振り込み額がいくらになるかを確認する。」
という約束事がある。その日のレートで金額を決めるというわけだ。

3月2日の午前中に電話で問い合わせる。

オペレーターの女性が私の名前と留学先を訊いてくる。
それに答えると
「本日のレートで計算しましたところ349,140円になります。」
「今日のレートは1ポンドいくらになりますか?」
「1ポンド138円の計算です。」

何度も計算をしなおして、金額に間違いがないことを確かめて、
昼に銀行へダッシュ。
意外にも空いていて、ゆっくりATMで作業ができた。

さあ、これで完了!・・・というわけにはいかない。
「振込みが終わり次第、担当カウンセラーに振込み明細書のコピーをファックス、または郵送する。」
その作業が残っている。

入金用紙を会社のパソコンPDF化してエージエントのBさんへ添付送信。

ふ~、一息。

私ができることはここまで。あとはBさんのお仕事。
よろしくお願いします。

£10 [beo]

留学費用請求が大学側とエージエント側で£10違う。

その差異をエージェントBさんに問い合わせてみた。

「私のタイプミスです。正しくは£2530です。申し訳ございません。」

・・・・・・・・・・・誰にでも間違いはあります。
でも支払い期限が迫っているのだから、もう少し用心してほしい。

今日は3月1日(木)。
明日金曜日しか入金チャンスはないぞ。
昼に入金しよう。
仕事が忙しくないことを祈る。

怒ったりガッカリしてる暇はないのだ。

留学費用書類再び [beo]

留学費用が、本来であれば£2,530のところ
請求書には£1,655としか書かれていない。

その差異をエージエントBEOさんが問い合わせてくれた。

20日に問い合わせをして返事が来たのが今日28日。
やっぱり1週間かかるのねー。日本ではもっと早いだろうけど。。。

今日は28日(火)。支払い期限が3月5日(月)。あと6日。
そのうち土日を挟むし、3月3(土)&4(日)日はBさん休暇
なので3月2日(金)までには振込みたい。

「留学費用が£2,540になります。」

そうBさんのメールに書かれてあった。

・・・・・・£2,530じゃないの?
£10(1200円くらい)はどこから来たの?諸経費?

不明なのでBさんに問い合わせてみよう。

できれば昼くらいまでに返事が欲しい。
午後には振り込んでしまいたいから。

その旨をメールしてみる。



出願 [beo]

2月7日(火)beoのBさんからメールが来る。

「出願書類を作成しましたので、自筆のサインをしてスキャニングをして返信をお願いします」とのこと。

対面したのが昨日。おおー素早い!これぞプロ!

メールに添付されてきた書類をプリントアウトし、それにサインと日付を入れ・・・

【コース受講予約申請書1】
UAL EFL App Ms. Hiroko NAKAYAMA_ページ_2.jpg




【コース受講予約申請書2】
UAL EFL App Ms. Hiroko NAKAYAMA_ページ_3.jpg




【留学費用見積書】
UAL EFL App Ms. Hiroko NAKAYAMA_ページ_4.jpg

「・・・サインは漢字?英文?」と悩んでしまい、問い合わせたところ、
パスポートのサインと同じでお願いします。」とのこと。漢字。

送られてきたメール文書(英文)にすべて目を通した後、漢字でサインをして、
プリンタースキャンしPDFに変換して返信する。おースマートだなー。

私がサイン入り書類を返信したのが8日。
Bさんが大学へ出願してくれたのが9日。
スムーズだなー。

出願を自力でやろうものならあっという間に夏になってしまうだろう。
プロの技は素晴らしい!

さあ、あとは大学からの返事を待つのみ。

beo 対面 [beo]

2012年2月6日 beoさんのサポートスタッフさんと対面。

担当Bさん(女性)と挨拶を交わす。
あら~、おっとりした人だなぁ~。ゆ~ったり。
カウンセリングのAさんはシャキシャキした女性だった。)

ゆ~ったりしてても、会話はズレなく無駄なく。
書類もささっと揃えてくれていて、段取りよいわ~。

実はBさんと対面する前に、メールで受講コース変更を願い出ていたのだ。
当初デジタルフォトグラフのコースを望んでいたのだけど、
やっぱりファインアートのコースにしたくて、その無理を伝えておいた。
(ギリギリまで写真コースにも後ろ髪を引かれていて。。。)

今日揃えてくれた書類はしっかりFineArtコースに変更されてて、
そのうえ別書類として、ざっくりした留学費用見積もりまで作っていてくれた。Excellent!

仕事さえ間違いなくやってくれたら、ほわ~っとした人は好き[るんるん]
ほわ~っとしてて仕事ができるなんてステキだわ。

その見積もりだけど、1ポンド≒135円として。

・大学の登録料 60£ 
・授業料 1595£
・宿泊施設(ホームステイ食事なし) 800£
・空港送迎サービス(往路のみ) 75£
・AIU留学保険料 19,270円

航空チケット代を除いて348,170円
40万以内で抑えようと思っていたので目標はクリア。

ただねえ、航空機のチケットがねぇ・・・

別紙で航空チケットの見積もりがあったけど、最低料金で14万円だった。
う!高っ!っと思ったけど、五輪の影響でどんどん満席になっていっているので、
さっさと抑えてしまうのが懸命だと。

私はANAマイラーなので「特典チケットを自分で探しますー」と思ったけど、
やはりここはプロにお願いすることにしました。

ざっくり見積もりに承諾すると今度は「留学プランニングシート」というA4横長の紙に、
時系列でスケジュールが書かれているものを見ながら説明を受ける。

・2月中旬までに大学へ願書を提出する。書類で授業と宿泊場所の予約をする。

・1~2週間後に大学から返事が郵送されてくる。
 入学許可証だけど、許可されない場合もあるとのこと!

・入学許可証が届いたら留学費用(授業料か)をデポジット510£(70,000万円弱。)
 この時点で全額入金してしまう人もいるらしいが、私はデポジットにしようと思う。
 残金は6月半ばまでに払い込めばOKということなので焦る必要はない。

・出発の2週間くらい前に宿泊場所が知らされる。えー!けっこう直前!

・現地送迎の確認(beo現地スタッフがホストファミリー宅まで送ってくれる、らしい)

・7月29日渡航

このスケジュールで事が運んでいく予定。

あくまで予定。さあ、スケジュール通りに進むかな?

beo サポートスタッフ [beo]

2月4日(土) beoの専任サポートスタッフのBさん(女性)からメールが来る。
「ごあいさつと今後の流れに関して」 ・・・ふ~一安心。

留学するまでの流れ、
「どこにどんな書類をいつまでに出願し、いくら払い込み、いつごろ返事が来る」
などを時系列で確認面談しつつ、私の希望を聞くとのこと。

対面の際持参するもの

パスポート(私は10年パスポート)
英語のスコア(TOEICなど)

実は私はこのかた英検だのTOEICだのを受けたことがないのです。
単にタイミングがなかっただけです、ハイ。
これで英国留学をしようというのだから、身の程知らずだわー。
英語のスコアになるような証明書がないなー。

さて、どうしよう。
対面日はあさって。

あと2日間で受験して結果の出る英語の試験など有るわけもない。

とりあえず先日受講したブリティッシュ・カウンシルの
短期集中講座の学生証らしきものでも提出しよう。

あれには、intermediateとレベルが書いてある。
ブリティッシュ・カウンシルのスコアならまあ融通は利くかな。

少々不安だけど、なにも出さないよりマシだ。
やってみなくちゃわからない。

ふと、Bさんのメールの文章に目が留まった。

*目標出願時期: 2月中

今月中に出願ですか?[がく~(落胆した顔)]

・・・・・・勢いが早すぎ。
うむ、まあ、留学のプロがそういうのなら信頼しましょう。

一式揃えて携えて、2月6日の対面に臨みました。

beoに問い合わせ [beo]

beoさんに留学サポート料金(エージエント料金)を1月30日(月)に振込んだのに、
その後木曜日になっても連絡が来ない。

気が長く楽天的をモットーとする私といえど、
さすがに「???」となり2月3日(金)にAさんにメールをしてみた。

すぐにAさんから返事が来て
「専任の者が決まりました。」とのこと。

・・・忘れてた訳じゃないよね?[目]

続きの文面として
「専任によるご希望の最終確認のため、対面かSkypeでお話していただきたい」
ということなので、わたしはもちろん対面を選んだ。

対面日は2月6日18時~新宿オフィスにて。

定時あがりでは間に合わないので会社を1時間早退したよ。
どんな対面になるやら。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。