So-net無料ブログ作成
バレエ ブログトップ

「熊川哲也 英国バレエの遺産を巡る ピーターラビット&新作バレエの舞台裏」 [バレエ]

Hi there!

伝統ある世界3大バレエの英国ロイヤルバレエ団にアジア人で初めて入団し、
最年少でソリスト(ソロパートを踊るダンサー)、
21歳という若さでプリンシパル(バレエ団のトップの階級にいるダンサー)になった
熊川哲也氏が代表をつとめる「K-balletカンパニー」。

そのドキュメンタリーが放映されるそうです。

3月5日(日)14:30  BS-TBS
特別番組「熊川哲也 英国バレエの遺産を巡る ピーターラビット[トレードマーク]&新作バレエの舞台裏」


熊川先生は15歳から11年間、単身ロンドンでバレエ留学をなさっていたそうです。

余談ですが、私は「若い頃に単身で海外へ行き、かつ長いこと住んじゃう」っていう
男性が大ー好きで尊敬もしている。憧れでもある。
おそらく私が男性だったら、10代でやっていたことを実現していたからだと思う。

もちろん単身で海外へいっちゃう女性はもーっと好き[黒ハート]

閑話休題

住んでいたというアクトン地区。ゾーン2?3?微妙な位置だなー。行ったことないな。


DSC03491.JPG

留学スタート当初はお金がなく、でも食べ盛りの先生の命綱だったフィッシュアンドチップス。
ロンドンのローカルフードですね!私も食べました。出来たては美味しいです!
ちなみにフィッシュはコッド(たら)が多いです。私もコッドを食べました。

ロンドンナビ フィッシュアンドチップス まとめ
http://london.navi.com/food/a/g3/

(やばい、見てたら食べたくなってきた!)

長年、ロンドンで暮らした熊川先生。
番組の中でロンドンの街歩きをしてくれると嬉しいですね。

放映が楽しみです!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

バレエ始めてました。(英国ロイヤルバレエ) [バレエ]

0289-01103_ll.jpg

去年の秋から、クラシックバレエを再び習い始めてました。

バレエは子供の頃と30代でちょこっとかじった程度。

子供の頃の夢はバレリーナでした。

先日来整体の先生に

「あなたはすでに筋肉はある方だから、
今後は柔軟性を高めた方が老後将来のために良い」とアドバイスをいただき、

「おお!それならばバレエをば!」と。

仕事との兼ね合いで、

「夜7時以降で初心者からしっかり教えてくれる、怪しくないバレエ教室」

をひたすらネットで探しました。
おそらく50軒近く。

それらの中でたったひとつ条件に合う教室がありました。
実は仕事場から教室までは遠いし、自宅への道と反対方向なので悩みましたが、
料金システムとたくさんのレッスン項目、そして講師陣の信頼度が高く感じました。

バレエのバの「”」もわからないようなド素人が困らないように、
ビギナー専門のレッスンがあるところが私に刺さりました。(ほぼ素人に近い私なので)

それがこの教室。

20108.jpg

バレエゲート

代表はこの方。

21334.jpg

そしてレッスンをしてくださる麗しの先生(女性)は
なんとロンドンにバレエ留学をなさっており、
なんとなんと、そのバレエ学校と私のホームステイ先がご近所!
世間はほんとうにほんとうに狭いのですよ!
(まあ、代表おん自ら英国ロイヤルバレエ団のプリンシパルですしね。)

先生が通われていた Royal Academy Dance.
https://www.rad.org.uk/

ロンドンにつながる東京の教室に導かれたのも、
やはりロンドンとの縁の太さにしみじみとしているアタクシなのです。

今後はバレエに関しても記事を書いてゆきたいと思います。

次回ロンドンに行くときは、コヴェントガーデンにあるロイヤルオペラハウスで
英国バレエ団の公演を見ると決めているのだ。

CLziby4UYAAlfZz.jpg-large.jpeg

ロイヤル オペラハウス。

前までは行ったんだよ、前までは。
でもドレスコードがあって、ジーパンなんかお呼びじゃない。
しっかりドレスアップして訪れる場所であります。

次回こそ!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
バレエ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。